最終日

インターン生その2(木村)です
ついにインターンシップを最終日迎えました。
2週間って想像以上に早いものです。
風のように過ぎていったって感じです。
さて、インターンシップというものに実際参加してきたわけですが、今回のインターンシップを一言でまとめてしまうと「反省の山」という感じでした。
インターン参加するときは「とりあえずやってみるか」という意識が強かったため、最初に立てた目標が大雑把になってしまい、それを見事にダメ出しされたり、
学校で受けたビジネスマナーは実際にやったらボロボロだったし、
自分の行動の責任に対する認識が甘かったり・・・
といった感じで言い始めたらキリがないくらい反省点がたくさんありました。
インターンやってくにつれて自分がどれだけ考え方が甘かったかを
突きつけられたって感じです。
しかも、インターン生その1(角田さん)はインターンシップに
対してしっかり準備してきてたから自分の甘さが余計に際立つとゆう・・・。
・・・全てにおいて一番最初の「 と り あ え ず 」という意識がいけなかったんでしょうね。
この意識のせいでやることの多くが「とりあえず」な感じになってしまってましたから。
ダメですね、「とりあえず」という考え方は。
今回のインターンシップで一番感じたことはこれですね。
社会に出たら「とりあえず」なんてのは通用しないということがわかったので、これからはそうゆう意識を取っ払って行動するように心がけたいと思います。
短い間でしたけどClubTにはお世話になりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
そして、まとまりのない文章でしたがブログを読んでいただき
ありがとうございました。